シェアハウスで外国語


外国人英語などの語学が苦手な人は、外国人の多いシェアハウスには住めないのかといえば、決してそんなことはありません。むしろ外国語を学ぶ絶好の機会と捉えて共同生活をする外国人に英語やその他の外国語を教えてもらいましょう。生活の中で学ぶ外国語はリアルに使える外国語となります。

外国人も日本で暮らしているわけですので、日本語を学ぶことに積極的な人も多いでしょう。外国語を教えてもらうと同時に、外国人に日本語を教えてあげればお互いの語学力はメキメキと伸びるでしょう。シェアハウスでは語学力と外国人の友人を一挙に獲得できる可能性があるのです。どうしても言葉について心配な人は、「DK HOUSE」のようなバイリンガルマネージャーなどが常駐している国際的シェアハウスを活用してみると良いかもしれません。こうしたシェアハウスであれば日本人の人でも外国の人でも快適に生活できるはずです。

バイリンガルマネージャー
が常駐。
だから安心で快適な生活を。
各施設にバイリンガルスタッフが常駐。外国の方でも安心です。

外国人と共に生活を送ることで、異文化への理解や配慮、協調性が身に付くこともシェアハウスの大きなメリットです。例えば深夜まで起きている人など生活の時間帯が異なる外国人シェアメイトもいると思います。そのせいで睡眠不足になったりすることもあるかもしれません。また、外国人シェアメイトが作る料理のにおいなどが気になることもあるでしょう。しかし、外国人シェアメイトから見れば、同じような悩みを抱えているのかもしれないのです。シェアハウスで語学と国際感覚を学び、素敵な国際交流を楽しんでください。


☆関連記事☆

シェアハウスのタイプ


シェアハウスにもさまざまなタイプがあります。もし、外国人と共同生活をして国際交流にチャレンジしてみたいということであれば、外国人の入居OKのシェアハウスを探しましょう。

マンション実は諸外国ではシェアハウスはよく見られる生活のスタイルで、ごく普通にシェアハウスを利用する外国人は多いのです。外国人の多く住むシェアハウスを選べばさまざまな国籍の外国人と共同で生活をすることになり、日本に居ながらにしてまるで外国に留学したかのような環境に身を置くことができます

大手の賃貸情報サイトを見ると、数はそんなに多くはないものの外国人の入居するシェアハウスの物件を見つけることができます。しかし、国際交流を目的としてシェアハウス物件を探したい場合には、シェアハウス全般、もしくは外国人も暮らしているシェアハウス紹介に特化した賃貸情報サイトが存在しますので、そちらを活用すればより多くの物件を比較検討することができるでしょう。

日本全国規模で外国人も暮らすシェアハウスを取り扱うサイトや、外国人を含む100人以上が住む大型のシェアハウスを紹介するサイトなど、さまざまなサイトがあります。「外国人が暮らすシェアハウス」というキーワードで検索をしてみましょう。


☆関連記事☆

国際派のシェアハウス


シェアハウスをご存知でしょうか。寝るのはそれぞれの個室ですが、台所や居間、お風呂を共有して他の人たちと共同生活を行うタイプの賃貸物件のことをシェアハウスと呼びます。テレビ番組で取り上げられたこともあり、日本でも若い人に人気があります。

シェアハウスでは家財道具が備え付けられており、家具や家電を買いそろえる必要がなく、お金がかかりません。その上、水道光熱費や通信費も家賃や共益費用に込みになっていることが多く、割安です。

家の中費用の安さ以外にシェアハウスの魅力とは何でしょうか。年齢、性別、出身地、国籍全てにおいてさまざまなバックグラウンドを持つ人たちが集まって暮らすのがシェアハウスです。人間の成長は、異文化に接することで促されます。普通に学校に通ったり、会社に勤めたりしているだけではなかなか出会うチャンスのない種類の人との共同生活はあなたにさまざまな経験を積ませ、人間性に深みを持たせてくれることでしょう。

特に、シェアハウスで外国人と共同生活をしてみることは、これからの国際化時代を生きていく若い人にとって貴重な学びの機会となるはずです。話す言葉だけではなく、文化も生活習慣も異なる外国人との生活は、その違いを受け入れなければならないという点で、日本人との共同生活よりも困難を伴うことが多いかもしれませんが、お互いの違いを楽しむことがシェアハウスの醍醐味なのです。シェアハウスでの国際交流の楽しさについて紹介します。


☆関連記事☆