国際派のシェアハウス


シェアハウスをご存知でしょうか。寝るのはそれぞれの個室ですが、台所や居間、お風呂を共有して他の人たちと共同生活を行うタイプの賃貸物件のことをシェアハウスと呼びます。テレビ番組で取り上げられたこともあり、日本でも若い人に人気があります。

シェアハウスでは家財道具が備え付けられており、家具や家電を買いそろえる必要がなく、お金がかかりません。その上、水道光熱費や通信費も家賃や共益費用に込みになっていることが多く、割安です。

家の中費用の安さ以外にシェアハウスの魅力とは何でしょうか。年齢、性別、出身地、国籍全てにおいてさまざまなバックグラウンドを持つ人たちが集まって暮らすのがシェアハウスです。人間の成長は、異文化に接することで促されます。普通に学校に通ったり、会社に勤めたりしているだけではなかなか出会うチャンスのない種類の人との共同生活はあなたにさまざまな経験を積ませ、人間性に深みを持たせてくれることでしょう。

特に、シェアハウスで外国人と共同生活をしてみることは、これからの国際化時代を生きていく若い人にとって貴重な学びの機会となるはずです。話す言葉だけではなく、文化も生活習慣も異なる外国人との生活は、その違いを受け入れなければならないという点で、日本人との共同生活よりも困難を伴うことが多いかもしれませんが、お互いの違いを楽しむことがシェアハウスの醍醐味なのです。シェアハウスでの国際交流の楽しさについて紹介します。


☆関連記事☆